広報スタッフ日記

北九州市立大學からのお知らせ

広報スタッフ日記

JUEMUN 2021: 日本大學英語模擬國連に今年も參加しました!

日本大學英語模擬國連(JUEMUN)は大學生が參加して英語で行う模擬國連大會です。模擬國連では、実際の國連會議を模した會議に學生が各國の代表として參加し、他の學生との議論を通じて國際的な施策を練り上げます。今年は京都外國語大學の主催で行われました。

12回目となる今年の大會には、北九州市立大學からは外國語學部の全3學科(英米學科、中國學科、國際関係學科)から5名が參加しました。昨年に続いてオンラインで開催されましたが、昨年とは異なり、62527日の3日間連続で行われました。連日の議論は大変だったと思いますが、參加學生は白熱した議論を展開しました。

大會には、12大學13か國から各國代表役として149名の學生が參加しました(JUEMUN提供データ)。模擬した會議は、UN General Assembly(國連総會)、議題は "Appropriate and Resilient Development for Environmental Sustainability"(持続可能な環境のための適切かつレジリエントな開発)です。學生は3つの會議に分かれて、持続可能な開発目標(SDGs)のうち、それぞれ特にSDG9(産業と技術革新の基盤をつくろう)、SDG12(つくる責任、つかう責任)、SDG13(気候変動に具體的な対策を)に留意した施策を話し合いました。北九州市立大學の學生はナイジェリア連邦共和國、モルドバ共和國、スリランカ民主社會主義共和國の代表として、各國や地域固有の問題、各國や地域、國際社會で実際に導入されている政策や取り組みについてリサーチし、政策提言書(Position Paper)を提出した上で大會に參加し、大會中は他大學からの參加者と協働して施策を練り上げました。

參加した學生は次のようなコメントを寄せてくれました。

  • During the JUEMUN conference, I was able to actively convey my opinions and thoughts. We were able to cooperate with each other to join two differing ideas. These three days were a good opportunity to seriously consider solutions and countermeasures for world problems.

  • 初めてJUEMUNに參加してみて、國連の重要性に改めて気が付きました。考え方の異なる様々な人々が意見を交換して一つの決議案を作っていく過程が楽しかったです。難しさもわかりましたが、決議案を書き終えたときの達成感を感じることができました。また、最後にCommitteeRegionの両方で感謝を伝える時間がありました。すべての參加者がお互いの健闘を稱えあい、司會の國を含めた全員に感謝の言葉を掛けていました。その時に國際連合はとても平和な組織であると感じました。なぜなら言語?宗教?文化?考え方までも違う國々が一つの場所に集まって対話で様々な議題に向き合っていくことがとても貴重だと思ったからです。これから先も平和的な國際連合がずっと存続していくと嬉しいです。

  • 詳しく調べることで、日本では起こらない災害や格差などの問題について知り、考えることができました。そして、全ての説明、議論が英語で行われるため、聞き取ることや自分の意見を伝えることができない場合が多々あり、発言することを躊躇したときもありました。しかし最後の日には、ジェスチャーや資料の共有など、英語力以外にも相手に意見を伝えるために重要なことを學びました。最後に、初めての參加で準備から當日まで多くの戸惑いがありましたが、同じ興味、目標を持った様々な年齢、國籍の方とともにSDGSを主とした大きな課題について様々な視點、角度からじっくり英語で議論できたことは本當に素晴らしく、貴重な経験であったと思います。とても充実した三日間でした。

  • 上手く発言できるか不安な狀態で參加しましたが、同じミーティングのリーダーや國の皆さんがサポートしてくださった結果Draft Resolutionに自國のプランを加えてもらえただけでなく、周りの代表者の英語力、積極性、実踐力といったものが私にとって非常に勉強になりました。後者がこの參加から得たものの中で最もよかったことだと思います。各國が協力して何かを成し遂げることがとても楽しかったです。

サポートした外國語學部の齊藤準教授からは、「準備期間が限られた中で不安もあったと思うのですが、生き生きと活動する様子に感激しました。SDGsへの価値あるコミットメントです。大変頼もしく誇りに思います」とのコメントがありました。JUEMUN參加者は5名でしたが、関係の授業には20名近くが參加し、SDGsの達成を目指してアイディアを出し合い、施策を検討しているところです。

また今年は、學生時代に英語模擬國連に參加した卒業生3名が、參加者を力強くサポートしてくれています。模擬國連を通じたSDGs達成に向けた取り組みの輪が広がっています!

SDGs Badges_02.JPG

2021年度參加者には主催大學よりSDGsバッジが贈られました。ありがとうございました。

関連サイト:

○JUEMUN 2021

https://juemun.org/archives/juemun-2021/

○北九州市立大學HP(北九州市立大學×SDGs)

http://www.hrinmobiliariahn.com/department/education/sdgs/stu04.html

國連アカデミック?インパクトJapanのHP

https://www.academicimpact.jp/kitakyu-u/uncategorized/2020/02/25194034/

keyboard_arrow_upTOP
成年美女黄网站色大片免费看,亚洲高清国产拍精品嫩草影院